歴史が眠る多磨霊園 | 花伝社

1/1

歴史が眠る多磨霊園

¥1,980 税込

この商品は送料無料です。

発行:2019年11月25日
A5判並製  256頁


●書評・紹介記事掲載情報●
「新潟日報」(2020年3月1日)
「神奈川新聞」(2020年2月16日)
「南日本新聞」(2020年2月2日)
「大分合同新聞」「河北新報」「佐賀新聞」「信濃毎日新聞」「上毛新聞」「徳島新聞」(2020年1月19日)
「福島民報」「北國新聞」(2020年1月11日)


●内容紹介●
あの人も、この人も、こんな人まで――
近現代史の宝庫「多磨霊園」で歴史散策

日本初の公園墓地であり、東京ドーム27個分の広大な面積に40万の御霊が眠る多磨霊園。
文学者、政治家、芸術家、学者・文人、実業家、芸能人、軍人から反戦平和に生きた人まで、明治~平成期に活躍した著名人の墓所を厳選して紹介し、その生涯と生きた時代に迫る。

[多磨霊園に眠る、本書で取り上げた主な著名人]
有島武郎、三島由紀夫、長谷川町子、高橋是清、岡田啓介、大平正芳、美濃部達吉、新渡戸稲造、内村鑑三、井深大、ヴィクトル・スタルヒン、岸田今日子、岡本太郎、向田邦子、ラス・ビハリ・ボース、東郷平八郎、山本五十六、樺美智子、浅沼稲次郎、徳田球一
老舗人気サイト待望の書籍化!


●書評・紹介記事情報●
「新潟日報」(2020年3月1日)
「神奈川新聞」(2020年2月16日)
「南日本新聞」(2020年2月2日)
「大分合同新聞」「河北新報」「佐賀新聞」「信濃毎日新聞」「上毛新聞」「徳島新聞」(2020年1月19日)
「福島民報」「北國新聞」(2020年1月11日)


●目次●
第1章 作家・小説家たちが眠る多磨霊園
第2章 文人・政治家が眠る多磨霊園
第3章 夢を追い続けた人が眠る多磨霊園
第4章 多磨霊園に眠るアスリートとオリンピック
第5章 多磨霊園に眠る芸能人たち
第6章 芸術家・音楽家が眠る多磨霊園
第7章 "事件"の人が眠る多磨霊園
第8章 日本最大のクーデタ事件「二・二六事件」と多磨霊園
第9章 軍人が眠る多磨霊園
第10章 戦争に反対した人、これを弾圧した人が眠る多磨霊園
終 章 多磨霊園について

●著者紹介●
小村大樹(おむら・だいじゅ)
掃苔家・多磨霊園著名人研究家。1976年生まれ。1997年、大学生の時に多磨霊園の横にある石材屋でバイトをしたことをきっかけに多磨霊園に眠る著名人墓地の散策を始める。1998年、「歴史が眠る多磨霊園」のホームページを制作。足で一基一基お墓を調査し、毎週更新を20年間休まず実施(現在も継続中)。掲載している人物は3000名を超える。サイトを通じて多くのご遺族と親交し、歴史学者や郷土史家、出版社らへの情報提供も行う。『有名人の墓巡礼』(扶桑社ムック)では一部執筆を担当。中学社会科・高校地理歴史の免許を取得し、通信制高校で教壇にも立つ。 本業はキャリアアドバイザー、メンタルコーチ、心の整え屋、未来コーディネーター。NPO法人スポーツ業界おしごとラボ理事長、一般社団法人ファンダシオン理事、小村スポーツ職業紹介所所長。一般社団法人日本トップリーグ連携機構で2020年東京オリンピックに向けてホッケー普及活動等の仕事に従事後、三菱総合研究所の選手のセカンドキャリア事業プロジェクトメンバー、デュアルキャリア推進など多方面で活躍している

「歴史が眠る多磨霊園」サイト
 http://www6.plala.or.jp/guti/cemetery/


※発送完了のメールが届きましたら、数量変更及びキャンセルは原則お断りさせていただいております。
ご質問等ございましたらお気軽にお尋ねください。
info@kadensha.net

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,980 税込

メールマガジンを受け取る

新刊情報をお届けいたします。
最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品