法律

多数決は民主主義のルールか?

  • ¥ 1,650

弁護士になりたいあなたへ Ⅲ

  • ¥ 1,650

裁判員制度は本当に必要ですか?:司法の「国民」参加がもたらしたもの

  • ¥ 1,650

人間に光あれ:差別なき社会をめざして

  • ¥ 2,200

情報公開讃歌:知る権利ネットワーク関西30年史

  • ¥ 1,870

監視社会と公文書管理:森友問題とスノーデン・ショックを超えて

  • ¥ 1,870

ポピュリズムと司法の役割:裁判員制度にみる司法の変質

  • ¥ 1,650

小説 司法試験:合格にたどりついた日々

  • ¥ 1,650

アメリカにおける証拠開示制度・ ディスカバリーの実際

  • ¥ 1,650

変貌する法科大学院と弁護士過剰社会

  • ¥ 2,420

法科大学院:実務教育と債権法改正 情報法制の研究

  • ¥ 3,300

裁判員制度はなぜ続く:その違憲性と不合理性

  • ¥ 1,760

法科大学院はどうなる:若手弁護士の声

  • ¥ 1,100

小説・司法修習生:それぞれの人生

  • ¥ 1,980

社会を変えた情報公開:ドキュメント・市民オンブズマン

  • ¥ 1,980

あなたは死刑判決を下せますか:小説・裁判員

  • ¥ 1,650

成熟社会における組織と人間

  • ¥ 1,760

マスコミが伝えない裁判員制度の真相

  • ¥ 1,650

世紀の司法大改悪:弁護士過剰の弊害と法科大学院の惨状

  • ¥ 3,520